ダイエット

便秘が宿便になる前に正しいケアをして改善させよう

簡単にできる便秘の解消法

便秘解消効果が期待できるお茶としてぜひおすすめしたいのがルイボスティーです。ルイボスティーにはマグネシウムが豊富に含まれており、1日にコップ2杯から3杯を4日から5日間飲み続けることがすすめられています。

便を滞在させないために

お腹

残留便を掃除する方法

腸内に長時間滞留してしまっている便は、残留便、または宿便と言われますが、例え便秘ではない人でも宿便はあると言われています。腸内にはたくさんのヒダがあり、その間に便が引っかかるようにして滞留してしまうためで、便秘の人はもとより、毎日排便のある人でも言われる宿便は残っていると考えたほうが良いでしょう。こうした宿便をスッキリ排泄して腸内をキレイに掃除するためには、腸のぜん動運動を促進する必要があります。腸は、腸内がアルカリ性に傾くとぜん動運動が低下し、酸性に傾くと活発になることが分かっています。腸を元気に働かせるために有効なのが食物繊維で、毎日十分な食物繊維を食事から摂取していると、便秘になりにくくなり、宿便も解消されやくなります。食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維とがありますが、基本的にどちらも必要な成分。腸を刺激してぜん動運動を活発にするのは水に溶けない不溶性食物繊維のほうで、腸内の有害物質を絡め取って体外に捨ててくれるデトックス効果も持っています。水溶性食物繊維は腸内で水分に溶けてドロドロになり、便を柔らかくして排泄しやすくする効果があります。コレステロールなどの余分な脂質を吸着して体外へ捨ててくれるので、ダイエット効果も期待出来ます。便秘が重症の人が不溶性食物繊維ばかりを摂取すると、腸が過度に刺激されて逆に便秘が悪化してしまう場合もありますので、食品に含まれる水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスについては考えたほうが良いでしょう。腸内を毎日スッキリキレイにするためには、食べるものに気を遣いたいですね。

食生活を見直してみよう

便秘気味の人は排便があっても、固いコロコロした便しか出なかったり、残便感があるので悩んでいる人が多いです。便秘解消をするためには、毎日の食生活を見直す必要があります。発酵食品や緑黄色野菜は食物繊維や乳酸菌が豊富に含まれています。

タイプを見極めて取り組む

ぽっこりお腹を改善する方法は、なぜぽっこりしているのかの原因究明から始めることが大事です。便秘が原因なら便秘解消の方法を、筋力が低下していることが原因なら、ぽっこりを改善するための運動をしたのち、筋力をつけることが重要となってきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加