メジャー

便秘が宿便になる前に正しいケアをして改善させよう

食生活を見直してみよう

ウエスト

便秘を解消する食生活

便秘気味の人は、排便があっても固いコロコロした便しか出なかったり、残便感を感じている人が多く、お腹が張って苦しいと感じている人がほとんどです。男性に比べると女性は腹筋が弱く、ホルモンの影響も受けやすいため、便秘になりやすい傾向があります。便秘解消をするためには、毎日の食生活を改善する必要があります。食物繊維やビタミンなどが豊富に含まれている緑黄色野菜を食べるようにしたり、漬物やキムチ、味噌などには乳酸菌が豊富に含まれているので、発酵食品も積極的に食べるようにしましょう。トイレを我慢すると便秘になりやすいので、便意を感じた時はトイレに行く習慣を付けることも大事です。便秘が3日から5日以上続く場合は、下剤や便秘薬を使用する人が多いですが、お腹が痛くなる場合がありますし、副作用などが心配な人がほとんどです。ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が豊富に含まれているサプリメントを、一日に適量を飲む習慣を付けると良いでしょう。サプリメントに含まれている乳酸菌は独自の製法で作られているため、熱や酸に強く、腸にまでしっかりと届くので、便秘解消をしたい人にお勧めしたいです。野菜嫌いや偏食気味で悩んでいる人が多いですが、食物繊維が豊富に含まれている青汁やグリーンスムージーなどもお勧めしたいです。味もフルーティーでまろやかな商品が増えているので、便秘解消のために続けてみると良いでしょう。粉末状の商品が水に溶けやすく、忙しい人も続けやすいです。便秘解消をすることで、体の調子も整ってきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加